ビタミンC誘導体とにがり化粧水の配合について

手作りしたにがり化粧水を使っています。ビタミンC誘導体をまぜてもいいですか?

私がお答えいたします。薬剤師 折出

にがりは塩化マグネシウムを主成分に亜鉛やリンなどミネラルを多く含んでいます。これに含まれる金属イオンがビタミンC誘導体の効果を低減させてしまいます。

別々の容器で2種類の化粧水をお作りになられれば効果がなくなるということはございません。
肌の上で一緒になる分には全く問題ありません。
ビタミンC誘導体化粧水→にがり化粧水の順番でお使いください。

ビタミンC誘導体は肌に吸収されてから、肌の中の酵素によりビタミンCになり100%のビタミンC効果を発揮するというものです。
ビタミンC誘導体は酸性の化粧水やミネラルの多い中に入れると、化粧水の中で徐々にビタミンCに変わり、ビタミンCの状態になってしまうと、酸化を受け効果がなくなってきます。
ビタミンC誘導体でない単なるビタミンCが効果がないといわれるのも、水の中では分解しやすい性質のためです。



ロゴマーク