材料の量り方について  2004.06.07追加しました!

化粧水のレシピに何mL、何滴とかかれていますが、液体のものはスポイトを使いたいので、1滴は何mLと考えれば良いですか?

私がお答えいたします。薬剤師 折出

1滴はその成分の化学的性質によって変わってきます。
たとえば粘度(とろみ)、表面張力、比重・・・  温度によっても変わってきます。

容量と滴数の目安は
 1mL: 水(約20滴)、グリセリンや植物エキス(約18滴)、ヒアルロン酸Na(瓶から直接落下させて約4〜5滴)、エタノールやオイルは粒になりませんので滴数不明
 1滴: 水(約0.05g)、グリセリンや植物エキス(約0.06〜0.07g)、ヒアルロン酸Na(瓶から直接落下させて約0.25g)
ヒアルロン酸Naは粘りが強く、スポイドの壁にたくさん残って、とても正確には量れるものではありません。
すべてgや%で表すと統一できるのですが、家庭では少量を量るスケールがないことから、このような混在した紹介になっています。
化粧品業界ではローションのような液体のものはW/V%、つまり全体100mLに対して何g配合するか、クリームではW/W%、つまり全体100gに対して何g配合するかということで、処方に書かれています。
一般的にベタツキが多いものはgで、さらさらしたものはmLで表しています。
Dutyでは濃度%から滴数やmlを割り出しておりますので、ご必要であればお知らせいたします。



ロゴマーク