【手作りパックレシピ】
きな粉パック

《1回分の作り方》
きな粉
大さじ1
グリセリン 1mL
スクワラン 1mL
エタノール(なくても良い) 2mL
植物エキス

植物エキス 成分と機能一覧
用途別エキスの選び方
数滴

深みのある小皿に材料をすべて入れ、ヘラで混ぜ合わす。水を加えて塗布し易い硬さにします。
※きな粉の代わりにオカラや米ぬかなども使えます。
きな粉の原料のダイズには、今話題のイソフラボンが含まれています。女性ホルモン様作用があり、皮膚細胞を活性化して、潤いのある肌をつくります。

きな粉の粒子は大きくてザラザラした感触になります。摩擦で肌に刺激を与えないよう、注意して塗布してください。トラブル肌の方は使わないでください。
notesの始まり
関連コンテンツ:
手作り化粧品の材料屋さん(EXTRACT)

<パックの目的>

パックからくる水分と、密閉することに因る皮下の水分の蒸散を防ぐことで、柔軟となり、その乾燥過程では皮膚に適当な緊張えを与え一時的に皮膚温を上昇させて血行を良くする。また、パックには吸着作用があり、皮膚上の垢を取り去ります。

※ 敏感肌やトラブル肌の方は刺激となりカユミが出ることもありますので、おやめください。
notesの終わり