化粧品素材の成分説明

[植物エキス]海草
由来・
性状
褐藻類、紅藻類、緑藻類などの全藻からメガブを抽出して得られた緑褐色〜黄褐色の粘性のあるエキスです。
特徴 成分として、粘液質のガラギーナンやアミノ酸、糖類を多く含み、保湿効果に優れていて、乾燥から肌を守り、肌のハリを実感できる成分として使われています。
用途 肌の乾燥が気になる方の保湿力アップに化粧水に混ぜてお使いください。
コラム 化粧水のエキスのベース保湿剤として使い、目的に合わせたエキスと組み合わせると効果的です。
最近ではリパーゼ活性の報告があり、皮脂分泌を促進させスリミングが期待されています。ニキビには使わない方が良いようですね。
notesの始まり
植物エキスについて
植物エキスは大手メーカーの化粧品グレードのエキスを採用していますが、天然植物からは多くの成分が抽出されます。お肌に合わないこともありますので、身体の一部で必ずお試しになってください。特に敏感肌の方は3日間ぐらいお試しになると安心です。水1mlに1滴たらすと約5%濃度になります。一般の化粧品に比べると、かなり濃度は高くなりますが、テストにはこれくらいで行なった方が安心です。

植物エキス 成分と機能一覧
用途別エキスの選び方
notesの終わり