化粧品素材の成分説明

[植物エキス]カミツレ
由来・
性状
キク科植物「カミツレ」の花から抽出した赤褐色透明のエキスです。
特徴 成分として、カマズレン、アズレン、ビサボロール、アミノ酸、タンニン、フラボノイドなどを含み、強力な消炎作用や美白作用、活性酸素抑制作用(SOD様)が報告されています。
用途 乾燥によって肌荒れを起こしやすい方やニキビなどの皮膚トラブルから肌を守る目的で化粧水に混ぜてお使いください。頭髪用にはフケ・カユミの防止目的に使われています。その他、入浴料・石けん・リンスなど使い方いろいろ。
コラム フランスでは煎じ薬の代名詞のように汎用されるハーブで、婦人病や風邪の初期、腰痛に入浴剤として活躍するハーブです。
notesの始まり
植物エキスについて
植物エキスは大手メーカーの化粧品グレードのエキスを採用していますが、天然植物からは多くの成分が抽出されます。お肌に合わないこともありますので、身体の一部で必ずお試しになってください。特に敏感肌の方は3日間ぐらいお試しになると安心です。水1mlに1滴たらすと約5%濃度になります。一般の化粧品に比べると、かなり濃度は高くなりますが、テストにはこれくらいで行なった方が安心です。

植物エキス 成分と機能一覧
用途別エキスの選び方
notesの終わり