化粧品素材の成分説明

[植物エキス]ソウハクヒ
由来・
性状
クワエキスとも呼ばれ、クワ科植物「マグワ」の根皮から抽出された褐色透明のエキスです。
特徴 成分として、フラボノイドやトリテルペノイド、クマリンなどの生理活性成分を含んでいます。美白作用、抗酸化(過酸化物生成抑制)作用、UV防御作用、抗菌作用、コラゲナーゼ活性阻害作用、抗炎症作用が報告され、化粧品や育毛剤など幅広く配合されています。美肌対策に人気のある成分です。
用途 肌の加齢やクスミが気になる方に、化粧水に混ぜてお使いください。
コラム クワ根皮は桑白皮と呼ばれ漢方でも利尿、鎮咳、消炎などえお目的に処方されています。民間薬として根皮および葉は高血圧の予防や咳き止めとしてお茶で飲用したり、実はクワ酒として滋養強壮に飲まれています。
notesの始まり
植物エキスについて
植物エキスは大手メーカーの化粧品グレードのエキスを採用していますが、天然植物からは多くの成分が抽出されます。お肌に合わないこともありますので、身体の一部で必ずお試しになってください。特に敏感肌の方は3日間ぐらいお試しになると安心です。水1mlに1滴たらすと約5%濃度になります。一般の化粧品に比べると、かなり濃度は高くなりますが、テストにはこれくらいで行なった方が安心です。

植物エキス 成分と機能一覧
用途別エキスの選び方
notesの終わり