化粧品素材の成分説明

[植物エキス]モモ葉
由来・
性状
バラ科植物「モモ」の葉から抽出された褐色透明のエキスです。
特徴 成分としてタンニン、フェノール、アミノ酸、フラボノイド、ニトリル配糖体を含みます。
保湿作用、抗炎症(抗アレルギー)作用、抗酸化(過酸化物抑制)作用、刺激緩和作用、抗菌作用があるとされており、肌トラブルから肌を守る目的に化粧品に配合されています。
用途 アセモやニキビの気になる方に化粧水に混ぜてお使いください。入浴剤としての応用も。
コラム 古くから民間療法で腫れ物やあせも、皮膚病に「モモの葉ローション」としてアセモや湿疹の皮膚トラブルに有名です。葉をお風呂に入れたり、煮つめて冷まし冷湿布としても使われます。
notesの始まり
植物エキスについて
植物エキスは大手メーカーの化粧品グレードのエキスを採用していますが、天然植物からは多くの成分が抽出されます。お肌に合わないこともありますので、身体の一部で必ずお試しになってください。特に敏感肌の方は3日間ぐらいお試しになると安心です。水1mlに1滴たらすと約5%濃度になります。一般の化粧品に比べると、かなり濃度は高くなりますが、テストにはこれくらいで行なった方が安心です。

植物エキス 成分と機能一覧
用途別エキスの選び方
notesの終わり