化粧品素材の成分説明

[植物エキス]ローズマリー
由来・
性状
シソ科植物「マンネンロウ」の葉、花から抽出した芳香性のある無色〜淡黄色のエキスです。
特徴 成分として、フラボノイド、タンニンを含み、特にロズマリン酸を多く含みます。
抗炎症(抗アレルギー)作用、抗酸化(SOD様)作用、収れん作用、育毛作用、血流促進作用、抗菌作用があるとされ、アンチエイジング用、肌荒れ用、ニキビ用、育毛用の化粧品に幅広く使われています。
近年、植物性の防腐剤として化粧品に配合されるようになってきました。
用途 肌の加齢やトラブルが気になる方に、化粧水に混ぜてお使いください。抜け毛が気になる方にローションに混ぜてお使いください。入浴料やリンス、うがいにも
コラム ローズマリーは飲用、外用、料理、ポプリなど広く応用されています。乾燥されたものは殺菌作用や酸化防止作用から食品の保存にも使われています。また、古代より若さを保つ薬といわれ、老化や痴呆への効果も期待されています。
notesの始まり
植物エキスについて
植物エキスは大手メーカーの化粧品グレードのエキスを採用していますが、天然植物からは多くの成分が抽出されます。お肌に合わないこともありますので、身体の一部で必ずお試しになってください。特に敏感肌の方は3日間ぐらいお試しになると安心です。水1mlに1滴たらすと約5%濃度になります。一般の化粧品に比べると、かなり濃度は高くなりますが、テストにはこれくらいで行なった方が安心です。

植物エキス 成分と機能一覧
用途別エキスの選び方
notesの終わり