化粧品素材の成分説明

[保湿剤]キサンタンガム
由来・
性状
微生物キサントモナス・キャンペストリスがブドウ糖等を発酵して得られた多糖類を精製し、粉末にした天然のガム質で、帯黄白色の細かい粉末です。
特徴 ・極めて高い粘度がでます。(乳化安定性を高め、感触改善します。)
・極めて透明性の高い天然ガム質です。ローションには透明性が強く望まれます。
・耐酸、耐アルカリ、耐塩、耐熱、耐酵素性を保有し、安定した粘性があります。
用途 食品に広く使われています。(乳化安定、増粘、固形物の沈殿防止、離水防止、食感改善など)
基礎化粧品からメイクアップ化粧品まで広く使われています。パップ剤、錠剤など医薬品にも使われます。
注意 冷乾燥所に保管し、湿気・水ぬれに注意してください。
notesの始まり
notesの終わり