化粧品素材の成分説明

[ベースオイル]グレープシードオイル
由来・
性状
「ぶどう」の種子から抽出した無色から淡黄色の液状オイルです。
特徴 リノール酸、ビタミンEを多く含みます。さらりとした感触で肌へのなじみが良いオイルです。多量に含まれているリノール酸、ビタミンEは抗酸化作用やフリーラジカル消去作用があり、単なる柔軟・保護成分としてだけではなく、積極的なトリートメント効果が期待できます。
用途 そのままで、肌の保護やマッサージオイル、クレンジングオイルとしてお使いください。夜のお手入れに最適です。
コラム リノール酸やビタミンEなどの不飽和物を含むオイルは、紫外線を吸収する作用があり、肌にとって有用な生理活性がある反面、長時間にわたり紫外線を浴びると酸化されて肌に刺激や炎症を起こすことがあります。したがって、日中はスクワラン、夜は植物オイルでのお手入れがお奨めです。