手作り化粧品の作り方05.
手作り化粧品の保存期間について

化粧品は非常に栄養豊かなため、細菌も好みます。手作り化粧品では防腐剤を使わないので、できれば1週間以内に使い切ることをお奨めします。食べ物が腐れると味や臭いの変化があったり、お腹をこわすためすぐに判断できます。

化粧品に細菌が増加すると、お肌に大きなダメージを与えます。肌のトラブルの原因が細菌に因るものなのか、成分が合わないのか、体調が悪くて起こしているのかなど判断がつきにくくやっかいです。細菌が出す毒素は非常に小さなもので、角層まで進入して炎症をおこしたり、アレルギーの原因になることもあります。

簡単な作り方をご紹介しますので、フレッシュな化粧品を使うことを心がけましょう。
notesの始まり
>関連コンテンツ
 保存容器について
手作り化粧品を作った時に使う容器についてのコラムです。

notesの終わり