コラム08
敏感肌の種類

自称敏感肌を含めて、女性の大半が自分は敏感肌だと思っているといわれています。自分の肌タイプを把握することが、美肌への近道です。



1.アレルギータイプ
刺激物に抗体を作って炎症を起こすタイプで、うるしカブレなどがそのタイプです。身体の免疫反応によるものです。

お手入れのポイント:皮膚科で調べてもらったり、自分でパッチテストをおこなうなどして、刺激になるもの(抗原)を見つける。

2.高感受性タイプ
衣類や下着が擦れたり、マッサージなどの少しの刺激で赤くなったりミミズ腫れができたりするタイプです。塩気など食べ物が口の廻りに付いてすぐに赤くなるのもそのタイプです。

お手入れのポイント:シンプルスキンケアをします。いろんなものが配合されたものや高濃度のものを使わないようにします。スクラブ洗顔やマッサージは禁忌です。

3.体調変化敏感タイプ
生理前後や睡眠不足、ストレスなどによって、すぐに顔にブツブツなどトラブルがおきやすいタイプ。
お手入れのポイント:リラックスするのが大前提ですが、お手入れは疲れを感じたら早めにシンプルスキンケアにしましょう。

4. 環境変化敏感タイプ
季節の変わり目に変調をきたす人や日光過敏、寒冷過敏などがこのタイプです。
お手入れのポイント:早目に日焼け止クリームを用いたり、スカーフを巻くなど防御対策を高じましょう。お手入れはシンプルスキンケアです。

5.対応力未熟タイプ
赤ちゃんや子供の発赤がこのタイプです。離乳食と同じように少しづつ慣らしましょう。お肌も全身に一気に大量に塗布するのは危険です。
お手入れのポイント:パッチテストを兼ねて狭い範囲から徐々に広げていきます。

6.混合タイプ
アトピー性皮膚炎などがこのタイプです。1〜5まですべて関係していることもあり、百人百様の症状があります。他人に効果的なことも合わない場合が多々あります。1999年に厚生省が出した「アトピー性皮膚炎のガイドラインのまとめ」を参考にしてください。


基本はお薬とスキンケアを上手に使うことです。