手作りピカッとライフ Duty通信 No.19
△▼△▼△              
▼△▼△         手作りピカッとライフ Duty通信    No.19                      
△▼△                  
▼△        ◇ 輝いているヒトってどんな人?◇    
△        
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
          http://www.duty-co.jp/    2004/6/23 by.oride


今年の梅雨は中休みが長く、この時期に大型台風が来たりと異常ですね。
いつも通る道端や庭先に、この時とばかりに色鮮やかに咲いた紫陽花がなんだか
可哀そう。

梅雨は梅雨らしく、日本ならではの美しさを満喫したいものですね。


■ 今日のトピック
  1) コラム:アダルトニキビについて(補足)
  2)「化粧品の成分や製剤について」 2回目


★ コラム:アダルトニキビについて(補足) ★
====================================== 
Dutyに寄せられるご質問の多くは、何といってもアダルトニキビ。
どうにかしたいという、切実なお悩みをお持ちの方が多いのにはほんとに驚きます。
同じ女性として、辛いお気持ちは痛いほど良くわかります。
複雑になった社会環境や溢れる情報によるストレスが最大の原因かと思われます。

アダルトニキビの原因や肌状態は千差万別で、治療や外用薬(化粧品も含めて)だけ
ではなかなかうまくいかないことも多いものです。
ただ、混合肌、トラブル肌の方が多く、どうにかしたいという気持ちが強くて更に
肌をいじめている方が多いように感じます。

トラブル肌の方はシンプルで安いものかつ、鏡を見ないがベストだと思っています。
普通肌以上は、高級な効果の高いものをたくさん使って、ますます美にチャレンジ
というのが良い流れだと思うのですが、一般的に全く逆になっているように思います。

‘治してやる〜’という意気込みではなく、上手にシンプルに付き合うような気持ちで
接してみられると、意外に良い方向にいくとのではないでしょうか。

生活環境の見直しなども含めて
こちら↓ のアダルトニキビの項をごらんください。
http://www.duty-co.jp/hada/column09.html

このコラムにはビタミンC誘導体の活用が記載されていませんが、
この化粧水には、できたニキビが良くなるというより、新たなニキビの発生が少なく
なる、または、できても芯のあるものでなく小さいと感じることが多いようです。

アダルトニキビでお悩みに方は一度お試しになる価値はあるようです。

お肌が改善してきたという嬉しいご報告は度々いただくのですが、今回、具体的に
頂戴しましたので、紹介させていただきます。

◇私の場合は顎下〜首までの間に吹き出物が常に出ている状態です。
 お風呂上がりなど、紅くなってしまうのでとても目立っていました。
 今は朝と夜の洗顔後に、低濃度(約1%)を全体に→高濃度(10%弱くらい)を
 吹き出物が目立つところへ→ユキノシタエキス入化粧水を全体に→スクアランを
 吹き出物が目立つところへ といったお手入れをしています。
 そうすると、吹き出物が気になる(かゆみや引きつり感、違和感など)ことが無く
 なり、無意識に触ることもなく、ほどよく乾燥したような状態になります。
 その繰り返しの効果なのか、最近は目立たなくなってきており、徐々に小さく薄く
 なってきているように思います。
 急な効果ではないぶん、安心して調子を見ながら手軽に使えるのがすごく良いです。
 あと、思い切り贅沢に使えるところでしょうか。
 今後も、手を抜かずに使ってみようと思っています。

(洗顔方法の確認をしたところ)
◇実は私は自分の手で泡立てるのが得意です。
 自慢になるほど、ネット使用にも劣らないホイップを作ることができます。
 泡で洗うと、やはり肌への負担が少ないですよね。
 洗っている間幸せなキモチになれるので、洗顔が大好きです。


■「気になることが無くなり、無意識に触ることもなく」というのが、とても大切な
  ことだと思います
■「急な効果ではないぶん」結果を急ぎ過ぎ、濃度が濃くなったり、ピーリングなど
  過激な手入れに走る方が多く、かえってトラブルになるケースが散見されるよう
  です。
■ アダルトニキビのお手入れで大切なことは、洗顔方法と回数(朝夕)、保湿です。
  洗顔後に肌がつっぱるようでしたら、皮膚を柔軟にするためにオイルも必要にな
  ります。

女性のお肌のこと、「気にしないように」といってもそう簡単なことではありません
よね。
頭の隅っこにでも、こういうことがあることを記憶していてくださいね。



★「化粧品の成分や製剤について」 2回目 ★ 
======================================

1.肌本来が持っている成分、またはそれに似通った成分
  ・水分
  ・天然保湿成分
  ・脂質(皮脂・細胞間脂質)
2.生理活性成分および肌への効能を期待した成分
3.界面活性剤
4.保存剤(防腐・酸化防止・安定化)
5.その他の成分

■ 水分 ■
 【肌では】
   外界からのバリアとなっている皮膚の最上層にある角層には10〜20%の水分が
   あり、体の内側には60〜80%の水分があります。
   この角層にある水分が10%以下になると、皮膚はかさかさしてひび割れてきます。
   この水分が化粧品の最も重要な成分となります。
    
 【化粧品成分では】
   精製水として配合され、全成分表示でも最初に目にすることが多いものです。

   常水 :通例、水道水および井水を指します。
       18項目の純度試験に合格した水です。 

   精製水:常水を蒸留するか、またはイオン交換樹脂を通して精製された水です。
       9項目の純度試験に合格した水です。
       化粧品にはほとんどイオン交換水が使われています。
          
  ※ 常水の検査には、
    色度:(水の着色)腐食質、工場排水
    濁度:(にごり)泥土、無機質
    におい:汚水の混入、プランクトンの繁殖、地質、塩素処理
    味:海水、下水、工場排水、プランクトンの繁殖、地質
    液性:(PH:5.8〜8.6)塩類、遊離炭酸、鉱酸、有機酸
    塩素イオン:(200ppm以下)海水、下水、工場排水、し尿
    硝酸性窒素:し尿、下水
    亜硝酸性窒素:し尿、下水
    アンモニア性窒素:し尿、下水
    重金属:(1ppm以下)水道給水管の腐食、工場排水
    鉄:(0.3ppm以下)水道給水管の腐食
    亜鉛:(1ppm以下)工場排水、鉱山排水
    鉛:(0.1ppm以下)水道給水管、工場排水、地質
    総硬度:(300ppm以下)地質、工場排水、鉱泉
    蒸発残留物:(500ppm以下)浮遊物、溶解性物質の総和
    過マンガン酸カリウム消費量:(10ppm以下)下水、工場排水、し尿
    陰イオン界面活性剤:(0.5ppm以下)
    一般細菌、大腸菌類:し尿、糞便

  ※ 精製水(イオン交換水)
    原水中(常水、通常水道水)の陽イオン(K、Na、Ca、Mg、Fe、Alなど)
    陰イオン(Cl、SO4、CO3、HCO3、NO2、NO3、など)を除去したもの

    こういう不純物が化粧水に異臭を与えたり、製品の沈殿や混濁を与える 
    こともあるので、精製水が使われます。
    手作り化粧品では少しでも日持ちさせるために水道水を使うことがあり
    ますが、尿素、クエン酸、グリセリンだけを使ったシンプルなレシピ以外
    には精製水を用いた方が良いでしょう。

 【製品では】
    化粧水、美容液、乳液、クリーム、洗浄剤など実に多くの精製水が使われて
    います。
    全成分表示のトップに存在することが多いのですが、配合量が一番多いと
    いうことを意味しています。


次回はNMFと言われる、天然保湿成分です。

======================================    

・あなたのステキを聞かせて!
・あなたの近くにいらっしゃる「輝いている人」を紹介して!
・ウフッ!こんな事があったヨ!  みんなを笑わせて! 
・「なんでだろう、なんでだろう・・・」 みんなで考えてみましょう!
・「こんな事をやってみようかな!」 みんなで応援しましょう!

皆さんの投稿をお待ちしてます。
よろしくお願い申しあげます。 m(。。)m

====================================
 【お問合せ】 mag@duty-co.jp
 【投稿】 toukou@duty-co.jp
 【配信停止】 http://www.duty-co.jp/mag/index.html
====================================
発行元     株式会社デューティ
           〒224-0025 神奈川県横浜市都筑区早渕1-37-21
           TEL 045-592-4530  FAX 045-592-066
           http://www.duty-co.jp/
==============================
Copyright(c) 株式会社デューティ2004 掲載記事の無断転載を禁じます。


メールマガジン登録
メールアドレス 
メールマガジン解除
メールアドレス 
Powered by まぐまぐ