手作りピカッとライフ Duty通信 No.23
△▼△▼△              
▼△▼△         手作りピカッとライフ Duty通信    No.23
△▼△                  
▼△        ◇ 輝いているヒトってどんな人?◇    
△        
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
          http://www.duty-co.jp/    2004/11/26 by.oride

皆さん、こんにちは♪

秋を満喫しないうちに初冬、朝、目が覚めて、暖かいお布団の中でまどろ
む幸せをひしひしと感じる季節がやってきました。

温泉も良いですね。美肌の湯にゆっくりつかってリラックス。
乾燥肌対策も怠りなく!!


■ 今日のトピック
  1.「化粧品の成分や製剤について」雑記 6回目
    2. 今日の新聞記事から、味の素「ペプチド」安価に合成 


★「化粧品の成分や製剤について」 雑記 6回目 ★ 
==================================

■揚げ油1/2の秘密

コーン油に植物性の原料からつくられている乳化剤が配合されている。
天ぷらを揚げる際に、天ぷら油に含まれる乳化剤が衣の周囲に素早く集まっ
て界面張力を下げるため、素早く衣に広がるため、衣の中の水分が一挙に飛
ぶことにより、カラッとしてサックリした食感を得ることができる。
衣の水分がすばやく飛ぶことから、油の量も少なくてすみ、従来の1/2で済
むことになる。

■炒め油1/2の秘密

コーン油に親水性油脂と酵素分解レシチン(レシチンを酵素で処理し、熱
に弱い部分を取り除いたもの)が配合されている。
素材を炒める際に、その配合成分が素材の表面にすばやく広がり、すばや
く油の膜を作ることになり、素材の持つうまみ成分の流出を防ぎ、焦げ付
きを起こりにくくする。
また、油の素材への侵入も弱めることになり、油の量も従来の1/2量で済む
ことになる。
それでいて、サッパリして油っぽくないシャキっとした炒め物ができるこ
とになります。

■天ぷら油の条件

・安定性に優れていること:高温で使用されるほか、開封後の酸化や風味
             が悪くなることから。
・色やにおいが良いこと:一般には色は淡色で油くさくないもの。
・発煙量が少ないこと:高温になるため発煙量が多いと減りが早い
・こしが強い:使っているうちに、消えない泡お発生やきれいに揚がらな
       くなる。疲れにくい油を指す。

■チョコレートのおいしさの秘密
 
一般にチョコレートの原料はカカオマス、砂糖、粉乳、カカオ脂からつくら
れ、原料を40〜50度の温度で混ぜ合わせ、次に30〜32度の温度で調温(テン
パリング)することにより、安定な結晶核を生成させる。
次に型に流し込み、20度程度の温度で熟成(エージング)し、安定な結晶を
つくる。
つまり、調温と熟成を経て、安定な結晶をつくる必要があるということです。
夏場に一旦溶けて固まったチョコレートが美味しくない理由がそこにあると
いうことでしょう。
バレンタインのチョコ作りには適当に溶かして、適当に固めたのでは美味し
いチョコができないということでしょうか。
そうでもないようです。カカオ脂の欠点を補う様々な食用加工油脂がつくら
れチョコレートに使われているようです。



★ 今日の新聞記事から、味の素「ペプチド」安価に合成   ★
==================================
■ 「ペプチド」
  
  よく耳にする、ペプチド、ポリペプチドですが、化粧品の成分では
 加水分解シルク、加水分解コラーゲン、加水分解卵殻膜、加水分解ケラチ
 ン、加水分解コンキオリン(真珠)などに含まれ、
 保湿効果、皮膜効果、細胞活性があり、肌や毛髪に親和性が良いことから
 化粧品に多用されています。
 
■ 味の素 「ペプチド」安価に合成  

  医薬品の原料 輸液向けに発売

 味の素は25日、医薬品原料などになる「ペプチド」を安価に合成する手法
を開発したと発表した。合成反応を促す「酵素」と呼ぶ蛋白質を見つけたの
がカギで、まず輸液成分として有効なペプチドを従来の半分以下の費用で製
造できることを確かめた。このペプチドを来年4月に発売する計画だ。
 ペプチドはアミノ酸が2個から数10個つながった小さな蛋白質。がん治療
薬などの医薬品への利用が始まっているが、化学合成では手順が多く高価な
ため、普及の障害になっている。
 同社はアミノ酸を効率よくつなぎペプチドを作る酵素を細菌から見つけた。
最大6個のアミノ酸をつなぐことができた。自然界には存在しないアミノ酸も
つなげられ、新たな機能をもつペプチドの開発に役立つという。
 感染を防ぐ作用があり輸液の成分として期待される「アラニルグルタミン」
と呼ぶペプチドの生産を開始した。

※化粧品原料としても期待できそうですね。



「化粧品の成分や製剤について」まだ、続きます。

===================================  

・あなたのステキを聞かせて!
・あなたの近くにいらっしゃる「輝いている人」を紹介して!
・ウフッ!こんな事があったヨ!  みんなを笑わせて! 
・「なんでだろう、なんでだろう・・・」 みんなで考えてみましょう!
・「こんな事をやってみようかな!」 みんなで応援しましょう!

皆さんの投稿をお待ちしてます。
よろしくお願い申しあげます。 m(。。)m

====================================
 【お問合せ】 mag@duty-co.jp
 【投稿】 toukou@duty-co.jp
 【配信停止】 http://www.duty-co.jp/mag/index.html
====================================
発行元     株式会社デューティ
           〒224-0025 神奈川県横浜市都筑区早渕1-37-21
           TEL 045-592-4530  FAX 045-592-066
           http://www.duty-co.jp/
==============================
Copyright(c) 株式会社デューティ2004 掲載記事の無断転載を禁じます。


メールマガジン登録
メールアドレス 
メールマガジン解除
メールアドレス 
Powered by まぐまぐ