【手作り化粧水レシピ1】
ベース化粧水

《20mlの作り方》
グリセリン 2.5cc匙 1/3 〜2/3
(5〜10%)
エタノール
(右notes参照)
1〜2mL (5〜10%)
なくても良い
全量  20mL(100%)

30ml容器にグリセリン1g(2.5cc匙1/3)〜2g(2.5cc匙2/3)のみ、またはアルコールも1ml〜2ml加えて、更に水を加えて全量を20mlにし、キャップをしてよく振ります。グリセリン1gで5%液になります。

※グリセリンは粘度(とろみ)が高く、扱いにくいので、事前に水で半々にわり、50%液をつくり倍量使うと扱いやすい。

《便利裏ワザ》
  1. 濃縮液をつくる:100ml容器にグリセリン20g(大匙1弱)とエタノール20ml(大匙1と1/3)を加え水を加えて100mlにする。濃度が高いと防腐力があり数ヶ月は問題ありません。20%液になります。
  2. 30ml容器にあらがじめ水を入れて5ml・10ml・20mlのところに油性ペンで印をつけておく。
  3. 濃縮液を5ml線まで、それに水を20ml線まで入れればグリセリン・エタノール5%の化粧水が出来上がります。10ml線までいれると10%です。
notesの始まり
エタノールについて
* アルコールに過敏でない方には、エタノールを配合することで清涼感や防腐効果がでてきます。また肌の引き締め作用や他の成分の溶解を助ける作用もあります。
* エタノールは薬局で販売されています。消毒用エタノールは70%濃度のもので、エタノールは約96%です。濃度の違いだけです。
notesの終わり